仕方ないじゃない(  ̄▽ ̄)

混浴も結局男子風呂。近所に「死海の湯」を再現した風呂がある。塩分濃度34%なんで、おれが小便して35%にあげときました(ホントの冗談)三遊亭小遊三「ぼく、そっちは女湯だよ行っちゃだめ…これはお隣の奥さん。いつ見ても豊満なお胸で…失礼をば致しました。小遊三です」いつだったか 中国の 団体旅行 バス3台 の方達と お風呂いっしょのときが ありました ブランドのシャンプー類 化粧品 すごかった(^^;;温泉めぐりは、実は体力勝負。30分浸かったら、10分休憩。秘湯に行く場合は、登山並みの重装備を。クマに注意。温泉地に湯治で1週間滞在すると、ホルモン値が正常に近づく効果<湯治は医学的jに認知されてるが、他にストレスのからの開放、強制的に規則正しい生活になるというのを含む。帯広は銭湯そのものが温泉ですから。銭湯感覚で温泉を味わえます。あと、大雪山系には有毒温泉という温泉があります。効能は硫化水素だから死ねます……少なくとも、この時期には、行かない。

ブラックサプリEX